千葉大学素粒子実験

Information 情報


2/6と2/14の14:00から、理学部1号館317Bにて、2024年度卒研生に向けた研究室見学を行います。

研究室紹介

Faser Japanの公式ページが作られました!

Pickup News注目ニュース

2023/11/29
物理学会誌の「最近のトピックス」にFASER実験がとりあげられました!!

物理学会誌第78巻第11号

最近のトピックスはこちら

2023/11/15
当研究室の有賀 准教授が千葉大学先進学術賞を受賞しました!

千葉大学HPニュース

千葉大学先進学術賞は、次代を担う若手研究者の自立を促し、独創性の高い学術研究の発信に貢献するため、萌芽的な研究あるいは、独創的視点に立った研究等、高い研究能力を示した若手研究者個人を表彰するものです。

2023/10/31
早川、松山がCERNにてNA65/DsTau実験で照射したフィルムの現像を行いました。

2023/10/9
論文( 奥村虎之介[責任著者], 有賀昭貴, 早川大樹, 三浦真登, 他DsTau collaboration )がJINSTから出版されました!!

NA65/DsTau実験に用いる陽子ビーム照射システム Target Mover を開発しました。

論文へのリンク

2023/9/6-20
NA65/DsTau実験のデータ取得がCERN-SPS加速器のH2ビームラインにて行われました。

M2の奥村虎之介・三浦真登、有賀准教授ら国際チームが参加し、最終年度となるデータ取得を大きな問題なく終えることができました!

2023/8/23
FASERνのエマルジョン検出器を用いて観測した、高エネルギー電子ニュートリノ反応の解析結果を報告しました。

Conference Note

2023/8/16-23
FASERν/FASERν2のテストビーム実験が、予定されていたすべての照射を完了しました!!

参加したM1の藤森春陽は「海外の人との実験は困難な事も多かったですが、大変貴重な経験になりました!」と報告してくれました!

2023/7/22-23 博物ふぇすてぃばるに出店します!

千葉大学のメンバーとコラボしている京都芸大・横浜美術大学の仲間たちで霧箱を題材として出店します。宇宙線の観測できる高感度霧箱を展示・販売します。このために4月から準備してきました。

博物フェスティバルリンク

↓には霧箱の作り方と解説の動画があります。

2023/7/19 衝突型加速器由来のニュートリノを初めて観測した結果を報告した論文がPRLに掲載されました。

2023/7/19 Neutrino Workshop 2023 (Vietnam) で発表

早川大樹「FASER Neutrino Results and Future Prospects

Neutrino Workshop

2023/7/17-19 日本写真学会年次大会 (東工大) で発表!

三浦真登 「タウニュートリノ生成研究 NA65/DsTau 実験-2022 年ランの実施と最新状況-」

藤森春陽 「FASERν エマルジョン検出器における高エネルギー荷電粒子の運動量測定」

2023/5/26~28 第11回高エネルギー物理春の学校にM1の藤森春陽と野中元哉が参加してきました

集合写真

2023/4/14 新しい仲間が増えました!!

第3期生のB4の4人が研究室のメンバーに加わりました。

集合写真

2023/3/27 さよならウッシー、ウェルカム新4年生!

さくらと別れ、そして出会いの季節です。素粒子実験研究室として初の卒業生を見送ります(泣)。そして第3期生、ようこそ!

集合写真

2023/3/20 FASER実験がコライダーからのニュートリノを初観測!

人類が初めてTeVエネルギーのニュートリノを作り出し、それを捕らえた瞬間です!

千葉大学プレスリリース

これをMoriond EW 2023コンファレンスで報告しました。

Moriond EW 2023

2023/3/16 FASERnu 2023年ランに向けて準備順調!

3/16 FASERnuの2023年ランの初モジュールが完成し、3/20日にインストールが完了しました。

Photo of the team

2023/3/13-17 CERN Neutrino Platform Pheno Week で有賀准教授が招待講演

Neutrinos at the LHC: FASERnu and SND@LHC

Indico link

2023/1/24 あかりんアワーでトーク

奥村虎之介「タウニュートリノ生成研究NA65/DsTau 〜照射装置開発、そしてCERNへ〜」